VASE 4D Sculpt(ベイザー脂肪吸引)

今日はVASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)技術によるSIX PACK(シックスパック:腹筋を6つに割る)と、バッグ取り出し(抜去)と同時のコンデンスリッチ豊胸の手術でした。
手術は問題無く終わっています。

シックスパックの方は、以前当院で女性化乳房の手術を受けられ結果が良かったとのことで、今回さらに腹部のデザイン施術を希望されました。カッコ良く腹筋が割れていますので、結果を楽しみにしてください。
また、バッグ抜去+コンデンスリッチ豊胸の方は痩せていらっしゃいましたが、ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)を用いることで、十分な量の脂肪を採取でき、自然できれいな胸になっています。お疲れ様でした。

さて、今日は皆さんが疑問に思っているシックスパックの施術における「どうして腹筋の陰影ができるのか?」についてお話しします。

従来の脂肪吸引では約7割の脂肪が取れます。ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)の場合もっと多く安全に取れますので、約8~9割となります。ただ、これでは腹筋の陰影(シックスパック)はできませんよね。

ここで特殊な技術が必要になるのです。
腹直筋の縦のラインと横のライン上、そして外腹斜筋や前鋸筋の陰影の部分の脂肪をほとんど(ほぼ100%)取り去ります。しかし、ただ線を付けた(ライン上をゼロにする)だけでは自然な筋肉の陰影や動きに伴った立体感は表現できません。
よって、より正確にそして高度な技術を使い、本当の筋肉(それも自分)の陰影を自然に作り上げることが重要です。

この技術、以前はハイデフ(もしくはミケランジェロ)と呼ばれていた立体的技術ですが、今では筋肉の動き(Dynamic)まで考慮してデザインし陰影を付けるため、3D(立体)+Dynamic=4Dと呼ばれています。

当院では4Dデザイン(シックスパック)をなさる方がとても多く、またそういった方は術後、積極的に運動も行う傾向にあります。
こういった方は、いつまでもカッコ良い体型を維持される方が多いのが特徴です。

つまり実際の見た目だけでなく、内面までシェイプアップするというわけです。
なんて素晴らしいことでしょうね。

今日も手術をなさった方、そして、手術に関わってくれたスタッフに感謝です。

文献

  • 1) Alfred Hoyos, John Millard. VASER-Assisited High-Definition Lipocculpture. Aestheticic Surg J 2007 ;27:594-604
  • 2)Hoyos A. "High Definition Liposculpting," Body Contouring: Art, Science, and Clinical Practice, Editors M.A. Shiffman and A. Di Giuseppe, Springer-Verlag, Berlin, Germany, 2010, p. 419-424.
  • 3) Gasparoni C. RErationale of Subdermal Superficial Liposuction Related to the Anatomy of Subcutaneous Fat and the Superficial Fascial System. Aesth Plast Surg 1995;19;13-20
  • 4)Nagy M.W., Vanek P.F., Multicenter, Prospective, Randomized, Sigle-Blind, Controlled Clinical Trial Comparing VASER=Assisited Lipoplasty and Suction-Assisted Lipoplasty. Plast Reconstr Surg. 2012;129(4):681e-689e.